猫とピアノ。

  • 2013.09.27 Friday
  • 02:12
__.PNG
猫を飼っていたことがある。
掃除機をかけると怖がって、よくピアノの上に逃げていた。

レッスンに来てくれている舞台女優さんと、ひょんなことから、
「猫とピアノ」の話になる。

話せば長いが、とても不思議な猫とピアノの話。

どうして、猫とピアノはこんなにしっくりくるんだろうか。

そういえばピアニストさんは猫が好きな方が多い気がするし、
ピアノの絵が描かれた小物には、そこに猫の絵も書かれていることが多い気がする。

猫とピアノ。
きっと長い長い歴史がある話に発展するんだろうな。

お土産にもらった猫のクリップをピアノの上に乗せてみた。

チリンチリン、
と鈴の音が聞こえた気がした。

singerゆりなのこの一枚、あの一曲。Vol.1 〜I Love Ella〜

  • 2009.11.02 Monday
  • 14:56

今日は雨なので、一日自宅で事務仕事。
12月は身動きが取れないので、今のうちに選曲や、リハーサル日程を組んだり、
衣装を探したり、意外と忙しかったりする。
BGMは、「WE LOVE ELLA」ユリloves エラ
数々の素晴らしいコンピレーションアルバムの中でも、なかなかゴキゲンな一枚と言える。
(まあ、生きているのにトリビュートされてしまったキャロル・キングのコンピレーションアルバムも素敵だけど。マンハッタン・トランスファーのカバーする“あの曲”がたまらない。)

中でも特別ゴキゲンな1曲がある。

ラジオから、その曲が流れた瞬間、私は中身も確かめず慌ててそこにあったMDをプレイヤーに押し込み、録音をした。

エラ・フィッツジェラルドスティービー・ワンダーの夢の共演。
「You are the sunshine of my life」

このレコードは部屋に飾っています。
エラと私1
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM