<< 「背骨のパトス」受賞プレミア上映@Flamingo the Arusha決定しました!! | main | 「おおさかシネマフェスティバル2009」表彰式が無事終了しました。 >>

映画『いけちゃんとぼく』試写会。


今日は、この初夏に公開される映画『いけちゃんとぼく』の試写会に行ってきました。
と、いうのも私が【パフォーマンスアーティスト育成学院ギャラパ】
歌を教えている生徒くんが小学生役で出演しておりまして、
図々しくも関係者のみの試写会にお邪魔させて頂きました。


ギャラパ社長さんに感謝!
頑張っている生徒くんとFamilyに感謝!!

この映画の原作は私が大好きな漫画家の西原理恵子さんです。

まだ公開前なので、詳しい内容は書けませんが、ともかくまずこちらをご覧下さいませ。
>>映画『いけちゃんとぼく』 HP

出演者の皆さんも素晴らしい顔ぶれですし、
何よりも“いけちゃん”が、すごく可愛く、蒼井優さんの声がこれまたピッタリハマっていて、
今年の人気キャラクターになることは間違いないんじゃないでしょうか?

作品はそりゃあもうサイバラ・ワールド満開でして、
この世界観を映画にされているのは本当に凄いなあ…、って思いました。

キレイゴトじゃなく、ホントのコトを描く西原理恵子さんの世界。
映画の舞台はご自身が生まれ育った四国の高知県。

どこまでも広がる、海。
果てしない海。
恐ろしさと、優しさと、
生と、死と、
全てを内包した、海。

海で育った人独特の世界観がそこにありました。

それに対し、
ぐるっと見渡すと360度全部が山!という奈良の盆地で育ち、
旅行に行けば「海だ!海だ!」と騒ぎ、
都会に行くと緑がなくて目が痛くなる私…、
singer松岡ゆりなでございますが。

私達が日によって山の緑が濃さが違って見えるように、
海にも色や機嫌があるのだろう、そして、
そこから何かを常に感じながら生きてゆく。

海の暮らし。
山の暮らし。
都会の暮らし。

“暮らし”も“命”も英語では“LIFE”ですが、まさに“LIFE”。
そんな作品だと、私は感じました。

帰ってからジワジワと感動がやって来て、夜にレッスンが終わると、
本屋さんに寄って、原作『いけちゃんとぼく』の絵本を思わず買いました。

何度も読みたくなる、絵本でした。

パッと笑って、パッと泣いて、パッと忘れる娯楽映画もいいけど、

ジワジワ染み込んでゆく映画に出会えたことはやっばり嬉しいのでした。
今年は沢山映画を見る年になるかもなあ…
なんて思いつつ、“いけちゃん”の声が頭から離れないのでした。

皆さんもこの夏是非“いけちゃん”に会いに行って下さいね!!
| 映画 | 17:28 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
お疲れ様です・・・☆
今日もいろいろと新しい発見があるレッスンでした。いつもながら感謝しています!
さて、作詞ですが、またいろいろと書きなおして、コンパクトになりましたよ〜♪
作曲はサビから頑張ります!
あと2曲ぐらい思い浮かびそうです★書ける時に書いとかないと・・・

さて、今週土曜日にダイゴさん率いるBREAKERZのバンドスコアが出るんですが、この勢いにのって、わたくし人生初のバンドに挑戦したいなどと思っているのですが、メンバーってどうやって集めたらいいのでしょうねぇ?
以前大阪のヤマハに通っていた時は廊下にバンドメンバー募集のチラシがたくさん貼ってありましたが・・・
今の環境で見つけるのは難しいなぁ・・・
いきなりソロでライブハウスに出て、直接探すか・・・この時代なのでネットで探すとかもありそうですね!?

先生のお知恵を拝見させていただきたく思います。
よろしくお願いしま〜す♪
2009/03/19 6:12 PM, from すぅ。
追伸:
なんと、画期的というか邪道な作曲方法をあみだしました!
気に入ったアーティストさんの曲のサビの最初の3音くらいを借りて、あとはアレンジという方法です・・・パクリとばれないようになんとかします!
きっかけが掴めればあとはなんとかなるみたいな・・・苦笑
ダメでしょうか?!

作曲が上手なアーティストさんて誰かいらっしゃいますか?

P.S.オッペンさんの化粧品いかがでしたか?興味のある商品があれば説明紹介させていただきますので・・・(営業ですみません・・・)でもほんとに自信をもってお勧めできる商品ですので・・・

ではでは★


2009/03/19 9:28 PM, from すぅ。
♪すぅさん♪

コメントへのお返事がすっかり遅れてしまいました。

細かいことはレッスンで直接お話するとして…。
バンドで歌うのはいい経験になると思います。
バンドを組む時に一番大切なのは“音に対するセンスが合うかどうか”だと思います。

メンバー募集自体は、YAMAHAやJEUGIAの掲示板、音楽雑誌のメンバー募集など色んな方法があると思います。もしそこで知り合ったらまず、その人が他で組んでいるバンドのライヴを見に行くと良いと思いますよ。

いいバンドマンとバンドをすれば、いいボーカリストへの近道になります。
バンドは声量がいるので発声もかなり頑張りましょう!

あと作曲はとにかく色んな音楽を聞いて下さい。
聞いたことのないジャンルを聞くと音楽性が広がります。

あとは耳にした曲を全部口ずさむ!自分の中のメロディーストックを増やして下さい。

そんな感じでしょうか。
ではではまたレッスンでゆっくりお話しましょう!
2009/03/24 2:35 AM, from ゆりな









Trackback
url: http://blog.singer-yurina.com/trackback/804781

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM