<< 小さな贅沢、大きな安らぎ。 | main | おはようございます! >>

いじめのこと。

今日はちょっと真面目な話です。

いじめが問題になっています。
Facebookでも色んな方がこの事に触れています。

私は自分の「旋律」という曲を書いた時に、
「この曲を聴いた若い人が、
『今は辛くても大人になれば良いことがある。だから生きよう。』って思って欲しい」
という小さな願いを込めました。

PVには大人の私が映っていますが、作った時は14歳の自分をイメージしていました。

14歳っていう年齢は私の中で、キーワードで、
この頃は色んなことが一気に押し寄せてきた記憶があります。

訳もわからず腹痛が止まらなかったり、
自分の存在意義が分からなくなったり、
大人が信じられなくなった時期でした。

眠れない夜があり、
ご飯を食べたくない自分がいました。

でも同時に,
自分が音楽に救われ、
音楽で生きて行こうと決めた時期であり、
また「本当に信じられる大人」に出会えた時期でもありました。


ある一定の箱の中では、あなたは価値がないと言われるかもしれません。

でも、他の場所であなたは、救世主かもしれないのです。

歌詞の中で、

人はいつか 大人になる 辛い過去も愛して
だけど 今は それで いいよ
いつか 全て抱きしめる から

とありますが、この「愛して」のところの歌詞は最後まで出来なくて、
「忘れて」とか色々考えました。

でも大人になったら、辛かった自分も愛おしく思える、それくらいに人は変わることを伝えたくて、この歌詞にしました。


私は14歳から歌を始めました。
当時通っていた音楽教室のスタッフのお兄さんが、すごく面白い人で、14歳なのにいつと23歳位に間違われるマセた私を「ゆりな!」と呼んで、妹のように可愛がってくれていました。

ある時に教室のLIVE合宿があって、みんなで話していた時、その人が、
「俺は傷の舐め合いはしない。それよりグッと押して膿を出してやるんだ。
その時は痛いけど、後からスッキリするやろ?」
と、すごくかっこいいことを言っていました。
パパイヤ鈴木さんソックリのお兄さんが、福山雅治さん並みに男前に見えた瞬間でした。


素敵な大人に出会えること。
その大人も、もともとは自分と同じような悩みを抱えてた、って気付けたら、絶対変わるはずです。

ボイストレーナーをしていると、色んな生徒さんが色んな悩みを相談してくれます。

私は、時に励ましますが、その場しのぎの嘘で慰めることはしません。
嘘だと分かった時に、倍傷つくし、私もそういうことで、若い時に傷ついたからです。

時には、厳しいことを言います。

でもその時は、相手を信じている時です。
今すぐは分からなくても、私が言ったことを何年後かに分かって、いつか本当に楽になれる、と信じるのです。

怒っていなくても、私が本気で何かを言うと、大体相手を泣かせてしまいます。

本気で話す、本気で歌う。

言霊、音霊です。

私は一般的でない仕事ですし、服装も髪型も変わっていますが、
信念と、愛情を生徒に伝えることは絶対に譲れませんし、
その点に関してはどんな大人より真面目です。



いじめの問題について、大人の皆さんは色々と考えてらっしゃると思います。

でも一番大切なのは、大人が生き生きとした姿を子供に見せることじゃないでしょうか。

例えば、イチローEXILEの存在が計り知れない数の人々に希望を与えるように。

そこまでBIGになれなくても、
例えば子供が何もかも信じられなくなった時、たった一人だけ味方をしてくれる大人がいて、その人を思い出して頼れたら絶対に救えます。

迷ったら、その時は大変でも後悔しない方を選ぶこと。

今、私はいくつかの願いごとがあります。
気付いたら、全部生徒さんのことでした。

叶ったら、教会と神社にお礼を言いにいかないといけません。

なんだかゴチャゴチャした私の人生ですが、少し遠くから見たら幸せなんでしょう。



それから、いじめはやっぱり大人の世界でもあるんだと思います。

私はサラリーマンでもOLでもないし、常に一人行動なのでそのへんはよく分かりませんが、
嫌なことを言う人がいたら、その人に逆に優しいコトバをかけてあげることだと思います。

大人の場合は大体、その人自身が嫌なことがあったりして、ただの八つ当たりだったりするもんです。

自分に非があると思ったら、ハッキリ原因を聞くことです。

そしてそれを聞いても、自分の全てを否定しないこと。

赤い靴下を否定されたからと言って、あなたが否定されたのではないのです。
白い靴下にすれば丸く収まります。

それが出来ないなら、赤い靴下は何かをあなたがそれに置き換えているだけなのか、あなたが本当に赤い靴下にこだわりを持っているのか、自分に問いかけるのです。

赤い靴下が好きすぎるなら、赤い靴下で働ける職場を探し、そこに雇ってもらえる自分になることです。

なぜか、例えが靴下になりましたが、色んなことが当てはまると思います。

それから当たり前のことですが、大人になったら相手の立場に立って考えられるか、が大切だと思います。

これが、意外と難しいよね!

大人達はマニュアル本を捨てて、自分の人生を歴史に刻む勢いで行こう。

若者達は空を見上げること。


長くなりましたが、以上です。

最後に、この歌を聴いて下さい。

>>『旋律』松岡ゆりな




| | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.singer-yurina.com/trackback/993588

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM