<< 奈良市イベントゲスト、無事終了いたしました! | main | BREATH PALETTE >>

一歩踏み出す勇気と、真ん中について。

__.PNG
昨日は髪を巻いて少しお上品な感じにしていたら、

「ゆりなさん、いつもと違いますね!」と皆さんに言われました、

"いつものLIVEの髪型が斬新すぎる”

singerでボイストレーナーの松岡ゆりなです。

後から写真を見て、自分でもびっくりしたのは秘密です。


昨日は一緒に出演した小川弦之介くんと、朝から大阪のスタジオでリハーサルをして、昼過ぎに奈良の現場でサウンドチェックをして、その後楽屋で準備して打ち合わせして、夕方本番、その後ケーキを出して頂き軽く打ち上げ、の後も、スタバに行って、げんちゃんの今後の活動や芸術談議をずっとしていました。

げんちゃんは私が教えている大阪のプロ用レッスンに来てくれています。
そこには第一線でご活躍の方も来て下さってるので、げんちゃんはまだまだこれからの若手さん、みんなの弟です。

レッスンでは時間が限られるので、こういうゆっくり話せる機会というのは、とても貴重です。

プロ意識が高い人ほど、こういう時にちゃんと質問を用意していて、
タイミングを見計らって聞いてきます。

昨日も本番終えてみて、今日の感想含めスタバで色んな話が出来ました。
げんちゃんは、本当に心の真ん中がピュアなので結構深い話が出来ました。

こういう大切なタイミングに世間話しか出来ない人が、プロの世界でやっていける人になることは、あまりない気がします。

なんのための時間なのか、
なにに使うタイミングなのか。

私自身、もともと、すごく忙しい超売れっ子の先生に習っていたので、先生と話せる機会が本当に貴重でした。

先生はスケジュールが詰まりすぎて、夜中に芸能人の方のレッスンをしたりした時期もあったそうです。

でも先生はものすごくお忙しいのに、みんなでお食事しながら、気軽に質問出来る場所を作って下さってました。

その時に私が先生から頂いた言葉は、今でも心の糧となっています。


もちろん私は私の師匠ほど大御所ではないし、
歌の世界に入ったのが早かったので、芸歴の割には若いこともあり、
みんな気軽に色んな質問や相談をしてくれます。

げんちゃんが私のレッスンに来てくれるきっかけになったのは、関西を中心に全国で活躍している舞台女優の猿渡美穂ちゃんの存在でした。

猿渡美穂ちゃんと同じ舞台に出演していたげんちゃんは、先輩である美穂ちゃんに、ある時勇気を出してボイトレのことを相談したらしいのです。

そして、私のところに来たのです。

その辺りの細かい話は書きませんが、なんだかタイミングとか、色んな要素があったのだな、と思うと、
今日こうしてげんちゃんと歌っているところにつながっている、最初の点、な気がして不思議でした。

タイミング、だなあ。

ちゃんと気付ける直感を鍛えていたから、そして美穂ちゃんがちゃんと待っていてくれたから、
今があるのです。

面白いなあ。


ある位置までこないと気付かないことって沢山あります。
山の下から見る景色と、
山の上から見る景色は違う。

ある人を自分は理解していると思っていても、
本当の意味で理解出来ていないとしたら、
それは相手に関する情報を、質ではなく量で計ってしまっているかもしれない。

アーティストにとって大切なことは、なんなのか?
そのアーティストの核は何なのか?

歌やステージに込められたメッセージにシンクロ出来ているか?

乱していないか?

全てセンスなんですね。

素晴らしくセンスがある、
そしてちゃんと話が出来る、
優しさがあり気遣いが出来る、

そんな生徒さんが増えて来て本当にありがたいなあ、と実感しました。

一歩踏み出す勇気と、
真ん中をよどませないこと。

がんばれ、みんな!

| ひとびと | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.singer-yurina.com/trackback/994458

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM