「Let it」のあとに。

  • 2014.04.28 Monday
  • 00:00
「Let it be」
と歌った若者達の、ヒッピーのように長い髪が白髪になる頃、

「Let it go」
と歌いだした若者達の、まつ毛は濃く長く、まるで時代が一周したかのように思わせた。

*********

身の丈を知る。
背伸びをしてみる。

ありのままを伝える。
言葉をえらぶ。

全部ぶちまける。
とにかく一つにまとめる。

全てチェックする。
一旦シャットアウトする。

すぐに調べる。
とにかく考え抜く。

壁、ことば、
人、
結局、自分自身。


夜中に遠いところまで行って、とにかく緑の中で美味しい空気を吸う。
ひたすら一つのものと向き合い、格闘する。

まずは手をつないでみる。
そのあと一瞬手放してみる。

リアルにリアルに、限りなくリアルに想像して、泣き、
実際のそうなったら意外と笑えることを知る。

壁。
カタチは大切だが、こころがカタチになっていることを見落としてはいないかい?

大切なところに線は引かないでおこう。
ちゃんとおぼえておくんだ。

髪を巻いて、まつ毛を巻いて、ネイルをばっちりにして。
先端へ、先端へ。興味は先端へ。

まんなかはどうなってる?
ちゃんと選んでるか?

44年後、若者は「Let it」のあとに何を歌うのだろうか。











__.PNG
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM