<< てんやわんや。 | main | リスタバ >>

それぞれの一歩。

IMG_3118.jpeg
やっと写真がアップできるようになりました。
文章となんら関係のない先日作った「ナスミートソースグラタン」を載せたいと思います。

さて。

先週は結構色んなことがダダーッと動きました。
特に来年以降のことや、生徒さんにとっても大切な決定だったり、進路や将来のことが決まる週だったように思います。

もう長くレッスンに来てくれている生徒さん達は、中学進学、高校進学を経て、

そこから音楽学校に行くのか、
普通の大学に進んで音楽と両立するのか、
どんなオーディションを受けて、
将来どういう方向に進みたいかなど、
ご家族も安心できて、本人も行きたいと思えるための助言をして来たので、
様々な報告をもらうたびにホッとする私でした。


私自身、
あの時この先生に出会ってなかったら、
あの場所で歌ってなかったら、

今全く違う形で音楽をやっていたかもしれないと思うと、
やはり自分にとってベストな道を選ぶのはすごく大切だなと思います。
同じパターンは一つもないな、と思います。

ちゃんと心の中で決められていないままなんとなく進むより、
心が決まるのを待つというのが時には大切だったり。


そんな中で、
長年の生徒さんの数名が音楽の道で大きな一歩を踏み出すことが出来ました。


最近のその子達しか知らない人はきっと、

「あの子は他の子ともともと違うんですよね?
やっぱり持って生まれたものですか。」

なんて言うかもしれません。


とんでもございません!!!

どちらかというと器用ではなく、
一つ一つのことに時間がかかりながらも、
ちゃんと着実に身につけていくタイプで、
だからこそ、基礎を地道に積み重ね、

「トレーニングを楽しむ」ことが出来る子達です。

一つ出来ると喜び、
一つ出来ないと落ち込み、

もっと上手くなりたい!
もっと伝わる歌が歌いたい!!
もっと声が出るようになりたい!!!

と強く強く願い続けて来た子達です。


時間がかかった子は一度掴んだものを、
絶対に離さない「良い意味での執念」を持っています。

そしてそれは何かを続ける上で、
将来的に見るとかなり大切な要素と言えるでしょう。


…とまあ、専門家の意見としてはこうですが、

何年も一緒にやってきて苦楽を共にしてきた私の心の中は、

「ああ神さま!やっとこの子にチャンスをくださってありがとうございますー!」

という感じです。

「ここまで諦めなかったアナタはエライ!」と、

くす玉を頭の上で割ってあげたい気持ちになります。



そしてここからがまた新たなスタートなので、私自身もしっかり、それぞれの道をイメージしながら指導して行きたいなと思います。


| いろいろ | 04:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.singer-yurina.com/trackback/996147

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM