<< 作曲モード! | main | やっと通常運転。 >>

3月末に向けて!

IMG_4683.PNG
singerでボイストレーナーの松岡ゆりなです。

先日子役事務所ミュージカルクラスの合同レッスンがありました!
3月末にある発表会のために急ピッチで進めております!!

レッスンの前に演技の先生と打ち合わせをしていると、
みんなが次々にチョコをプレゼントしに来てくれました!

終わった後もまたもらって、こんなに!!

みんなありがとう!!!

この子達は子供だけどプロのタレントさん、
もしくはそれを目指している子達なので、
みんな礼儀正しいし、レッスンに対してもとても真剣です。

私が教え始めたのは、私のプロレッスンに来ていた生徒さんからお願いされて…だったのですが、
もう3年くらいでしょうか?
大人の世界でも通じる実力がつくように基礎の基礎から徹底的に教えて来ました。

というかむしろ、色付けより基礎を大切にしています。
若い頃からクセや色がありすぎる子は、
「上手なアマチュア」で終わってしまうパターンが多いように思います。

子供だからこそ、発声も仕組みから細かく教えています。
基礎が出来た上で出てくる良さこそ、本来の個性だと私は思います。

そのお陰か、後から入った子達も先にいた子達を真似て、いつのまにか上手くなっているのです。

他のレッスンだったら、
クラスで一番上手かもしれませんが、
ここではみんなそれぞれに自然な個性を持った上手い子たちが集まっているので、
天狗になることはありません。

全員で歌った時の揃い方も、だんだん迫力が付いて来ました!

家に帰ってからレッスンのことを振り返った時に、「なんだろう、この感じ知ってるぞ」と思ったのです。

そして「あ!」となりました。
私が15歳の時に入った音楽学校での、
「亀渕コーラス」と言われるチームでのレッスンでした。
とんでもないレベルの先輩方と「ハレルヤ」のクインシージョーンズバージョンを歌うチームに、なぜか私は入れてもらえたのです。
(1年生で入ったのは私だけで、
同級生からは「ゆりなが荒波に放り込まれた」と言われていました)

しかし、今思えば、あのチームに入ったことが後の私の人生に大きく影響して来ています。

亀渕先生のレッスンはすでにプロの方が沢山おられ、その方達と声を合わせ作り上げるハーモニーはやはりすごい迫力でした。

先生もTV番組のレギュラーや芸能人の方の指導でお忙しい中、かなりの頻度で関西にご指導に来られて、まだお若かったので惜しみなく歌ってくださってました。

しかも本番は講師陣の生演奏!
今思えばスクールコンサートのレベルを遥かに超えていました。

その時の先輩方とはその後も何度も亀渕先生のバックコーラスや芸能人の方のバックコーラス、なにかの式典などでご一緒させて頂きました。

のちに、その時期は「ヴォーカル黄金期」と言われていることがわかりました。
数年後に入った友人には羨ましいとよく言われます。その友人もかなり歌が上手いですが、
やはり亀渕先生のご指導があれだけの頻度であったことがあの黄金期を生んだのだと感じました。

私達ボイストレーナーの大切な役割の一つ、
それは「黄金期を作ること!」だと思います。

だってあの頃ってTVを見ても亀渕先生が指導されている歌手の方ばかり活躍されていました。

もしくは亀渕先生のお弟子さんの生徒さんばかり。

母がよく、
「日本で歌が上手い人は全員亀渕先生の関係なのね。」と冗談で言っていましたが、

リアルにそうだったなと思います。

年齢もジャンルも違いますが、
時代を超えて、
「声」の力、「言葉」の力を徹底的にお勉強した子達を育ててゆきたい、
そう思いました。

みんながんばろーね!

では今日もレッスンに行ってきまーす!!




| いろいろ | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.singer-yurina.com/trackback/996255

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM