<< 奈良ゴスペル第6回。 | main | 奈良ゴスペル第7回。 >>

キリク歌稽古その4とキリクボイスオーケストラ。

IMG_6128.png
毎日が満載すぎてブログが追いつかないsingerでボイストレーナーの松岡ゆりなです!

さてさて、まずキリクボイスオーケストラリハ。
今回のキリクは大きくリニューアルしているのですが、中でも音楽が大きく変わっています。

私が強く思ったのは「ゴスペル的なコーラスを要所要所に入れたい!」ということでした。

もちろんキリクは全て生歌!
ハーモニーも沢山あります。

その中で演者がセリフを言っているところで流れるハーモニー。
これを私達が担当しています。

ソプラノ/MIMIWAKOKO・清谷あゆみ
メゾ/松岡ゆりな・渚
アルト(テナー)/石井めぐみ・石橋康明


なんというレアな組み合わせでしょうか。

1回目でしたが、ハーモニーバッチリ!
その場で考えて伝えたハーモニーもすぐに出来ました。
長い付き合いなだけに、私のイメージするのニュアンスも一瞬で掴んでくれます!最高!


■■■

そして土曜日は一日キリク漬け。
まずは午後イチからトゥイガ役の小安展子さん、母親役の藤原まゆみさんのリハ。
お二人のタイプの違う歌声の重なりも今回の見どころの1つです。

その後はキッズレッスン。
みんなイキイキと頑張っています!!

少し空いてキリク歌稽古。
新しいオケが完成したので、テンポの調整や合間のセリフとの尺合わせもしました。

今回は新曲満載なのですが、

新たに加わったシーンでグッと全体が締まる流れになりました。

それぞれのシーンの中心メンバーも違うので、
あるシーンの歌がグッと良くなると、
他のシーンも負けじと上がってくる。

じゃあもっと、もっと!とどんどん上がって来ています。

作曲者と歌唱指導が同じというパターンは他にもあると思うんですが、
その上ボイストレーナーなので、声の種類なども細かく指定していってます。
なんちゅうマニアックぶり。

でも、オーケストラを楽器作りからやる、みたいなもんで、それってすごい贅沢ですよね。

いい演奏したかったら、やはり楽器をいい音にすることが大前提ですよね。





訓練は果てしなく続きますね。

いよいよあと1ヶ月と少し!
みんなガンバロー!!
| いろいろ | 03:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.singer-yurina.com/trackback/996352

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM