<< プレゼントありがとう! | main | ポジティブな言葉。 >>

秋と、進路と。

IMG_7811.PNG
秋ですねえ。

ゆず酢をマリネに入れたらとても美味しくて感動していますsingerでボイストレーナーの松岡ゆりなです。

秋になると煮物を作りたくなります。
材料切って、煮ている間にパソコン立ち上げて楽譜や仕事の資料をプリントアウトしたり。

このところ、また仕事の種類が増えてきましてその都度、頭を「○○モード」に切り替えないと混乱しそうな日々です。

そう思うと今年、奈良のゴスペルやキリクをやらせて頂いたことがスケジュール的にも巡り合わせ的にも、
奇跡のように思えてきます。

でもやっぱり、自分がこれだと思ったことを引き受けてることで、
何か自分の中での変化が生まれているように思います。


秋になるといつも、生徒さんや保護者さんと進路の話になります。

個人レッスンを教えている子達は特に、
割としっかり相談してきてくれる子が多いです。

そんな中で、私を助けてくれるのが、

実際、色んな分野で芸術教育の指導をされている生徒さんや、

今現在、芸大や専門学校、音楽学校に通っている生徒さん、

そして現役の歌手やパフォーマーとして活躍中の生徒さんです。

もちろん業界人には守秘義務があるので、伝えても良い範囲内でのことにはなりますが、

生徒さんも「ゆりな先生の他の生徒さんがそうなら、私も!」と安心して進路を決められるようです。


なんかね。

そういう時、私レッスンを長年途切れずやってきてよかった!

そして、

みんな、ありがとう!

って思うんです。

だって小学生だった子が大学生になってもずっと同じようにレッスンに来てくれているって、
きっと珍しいことだと思うんです。

大人だって続けるのは難しいけれど、
学生は学校も変わるし、時間も、生活も全部変わるのに、その中に、

「ボイトレ・歌」

を入れて生活を組んでくれてると思ったら、本当にありがたいなって思います。


話を戻します。


進路は、やっぱり自分が納得行くまでとことん悩んだ方が良いと私は思います。

実際に私も絶対自分がこうしたい!と思うものを譲らなかったですし、
その分いくつかのことを我慢すると親に約束しました。

生徒さんでも結構しぶとく悩んだり、
色んな人に相談に乗ってもらったりした子が、業界ですごいスピードでプロになったりしていて、

「あの時選んだこと、間違ってなかったね!」と二人で話したりします。

自分がやりたいことだけでなく、
自分の違和感の在りどころを知る、
というか、

何がどうしても譲れなくて、
何は人より全然平気かを知ることも大事です。

あとは時代の流れの変化を掴むのも大事だなーと最近つくづく思います。

なんか深い話になってしまいました。

明日も頑張ります!
| いろいろ | 03:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.singer-yurina.com/trackback/996434

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM