<< 個性と惰性。 | main | 完成! >>

かんのもどり。

暖かくなってきたので、ステンカラーコートで春モードで行ったら、
寒くて驚いたsingerでボイストレーナーの松岡ゆりなです!



いわゆる「寒の戻り」ですね!

この冬は年が明けて一気に寒くなり、
インフルやら、風邪やら、胃腸炎やら、ありとあらゆるウィルスが一斉にやりたい放題暴れ出すという、大変な冬でしたが、

春になったら今度は、凄い量の花粉!!

皆さん、鼻炎や目のかゆみ、人によっては肌が荒れたりなど、
人騒がせな花粉には困ったものです。
さて、レッスンでは最近、
「自分の声をよく聴く」ことを改めて指導しています。

プロとアマチュアの違い、
その一つがやはり、ここではないでしょうか?

「自分の声を冷静に聴けているか?」です。

人の歌を聴く時は、

音程、リズム、発音、発声、

ボーカルテクニックなどを冷静に聴けるのに、
自分の声が冷静に聴けていない人はアマチュアにとても多いです。

それって、家で好き放題お菓子を食べながら、TVを見て、スタイル抜群の女優さんやモデルさんを見て、

「この人最近、太ったよね」
っていうくらいの身のほど知らずです。


歌を習う、楽器を習うなど、
音楽を学び始めると、まず耳が育つので、人のことはよくわかるようになるものです。

では、その厳しい耳で自分の歌を聴けているでしょうか。

レッスンに来られている芸のプロの方は全員それが出来ておられます。

それどころか、周りから聴くと申し分ない歌声でも、ご自身では納得いかず、こうしたい!という方がほとんど。

それならば!とこちらもさらに高度なテクニックや声の音色について、進めることになります。

やはり、感覚を鍛えているんですよね。
歌の練習を録音して聴いたものと、
歌っている時のイメージが全く違う方は要注意!!


もちろん録音機器の種類や、
録音場所によって聴き方が変わりますが、
冷静に自分の歌と向きあうことが大切です。

まだ、レッスンをスタートしたばかりの子でも、このあたりがしっかりしている子を見ると、

「この子は伸びるな!」

ってワクワクします。

【かん】のもどり。

【感】そして、

【勘】を、

鍛えて行きましょう!

| - | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.singer-yurina.com/trackback/996584

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM