Cool Japan Park Osaka 〈WWホール〉『KEREN』行ってきました!

  • 2019.04.15 Monday
  • 22:31


4月は舞台三昧singerでボイストレーナーの松岡ゆりなです。

先日、行ってきました!

Cool Japan Park Osaka
〈WWホール〉
こけら落としロングラン公演『KEREN』

です。

まずは日本にこういう大中小と
ホールが連なる場所が出来たのが、ブロードウェイみたいで素敵だな、と思いました。

ホール自体も真っ白に、真四角で、遠くから見ると工場のようで、
【ホール自体のカラー】がないところに他のホールとの違いを感じました。

その中で一番大きなホールが【WWホール】。



WWホールのこけら落としロングラン公演が『KEREN』。

ちなみに中くらいのホールが、
【T Tホール】。

小さなホールが【SSホール】。

明石家さんまさんが命名されたそうで、

「読み方は自由」
なんだとか。

ちなみに私は、ドリンクなどのサイズのイメージで、

WW→ダブル、
TT→トール、
SS→ショート、

みたいに覚えました。




昨年、音楽監督と歌唱指導をさせて頂いたミュージカル『KIRIKU』に、
【お山の賢者】として、ゲスト出演してくださった狂言師の【金久寛章】先生がメインキャストとしてご出演中なんです。


金久先生は4名のメインキャストのうちの一人【BACCA】という役で出演されています。



クリエイティブチームも、豪華すぎるこのショー、演出は高平哲郎先生。

師匠の亀渕友香先生のコンサートの演出もされており、今回先生がどんな演出をなさるのかも楽しみでした。

感想としては、
「他に喩えるものがないので、説明できないショーなので、とにかく行ってみて!」
という感じです。

ミュージカルやお芝居と違ってストーリーなどはなく、
セリフなどもないので、
どんどん場面が変わって行って、その中で様々なジャンルの方々が、
様々なことをして、それが時に入り混じったりします。

あくまでも個人的な意見ですが、
「高平先生の脳内イメージに追いつくのに必死!」という感じです。

何度か見ると、見方が変わってきたり、新しい発見があったりしそうです。

メインキャストの皆さん、素晴らしかったです!

ダンサーさんは若い方が多いのかな、と思いました。

好きな場面も沢山ありました。


ロビーにはグッズ販売や、
ドリンクやフードの販売、
QRコードを読み込むタイプの撮影コーナーもあり、
開演前も楽しめるようになっています。

帰りは城ホールと大阪城公園の駅の間に出来た「JO-TERRACE OSAKA」に寄るのもオススメです!

皆さんも是非、行ってみてくださいね!



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM