<< ゆりぐるめ・夏、その14。 | main | 肉ing〜ミーティング〜 >>

つよくなりたい

IMG_1894.png
「やさしくなりたい」

というタイトルの永井真理子さんの曲を聴いていた時代に、

私はその言葉の意味がわからなかった。

「やさしくなりたい
ってどういうことだ?」

それも奈緒美姉ちゃんが、

「やさしくなりたい、
ってすごくわかるわ。

やさしくなりたい、
っていつも思う。」

と言ったからだ。

私は当時は永井真理子さんの曲だと、

「keep on keeping on」

という曲の方が好きだった。

(改めて歌詞を調べると、
辛島美登里さん作詞だった。
さすがの説得力。)

「やさしくなりたい」

という言葉の意味について、
そのあと、多分20年くらい考え続けていると思う。

私が思うに、

「本当にやさしい人」

は、ちっとも、

「親切な人」

ではない。

親切じゃなさすぎて、
時に冷たい人にすら見える。

もちろん他人には親切な方が良いけど、

自分にとって大切な人への親切は、

時に、

本当のやさしさと反対側になってしまうこともある。


「つよくなりたい」

と、ある時から思うようになった。

今もずっと思っている。

親切や、慰めに頼らない、
つよさが欲しかった。

(何度も言うが他人には親切にした方が良い)


沢山の武器を持っていて、
心が弱い子がいて、

武器は何一つ持っていないが、
心が強い子がいたら、

昔は前者が魅力的に見えていた。


それは多分、
私も弱かったからだ。


今は、
心が強い子達と、
どれだけ大変でも一つ一つ積み上げて、作り上げていくことが、

出来るようになったと思う。

不思議なことに、
心が強い子は、

誰よりも繊細で、
沢山の人に囲まれていても、
孤高の存在である。

沢山の武器を持っている子は、
心は大雑把で、色もぼやけている。


天から差す一筋の光みたいに、

迷いがない。

ただ、まっすぐに、
足もとに一人分の光の輪がある。


私がもし、助ける力を持っていたとして、
もちろん助けてあげるけど、

私は本当は、
自分一人でも助かる方法を、
ちゃんと教えてあげたい。


それからね、
私も一緒に走りたいし、
戦いたいんだ。

それはどうしても、
やめられないし、
やめないでおこうと思う。

「やさしくなりたい」

「つよくなりたい」

とりあえずまた、

あと20年くらい、
このことについて考えるとするか。



| いろいろ | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.singer-yurina.com/trackback/996703

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM