あのころ。

  • 2020.03.29 Sunday
  • 03:51
IMG_5631.JPG
 

基本的に過去は振り返らない主義ですが、反省は果てしなくするタイプです「典型的なA型」singerでボイストレーナーの松岡ゆりなです。

しかもそれを取り返すまで、絶対に積み重ねたいタイプなんですよね。

さて。

そんな私ですが、最近、シンガーソングライターの生徒さんや、プロシンガーを目指している生徒さんと話をしていると、
昔のことを思い出すキッカケだらけで、
「過去の自分との対面」に驚く日々。

まずはこのステッカーが貼ってあるルーズリーフのファイル。
そして、びっしり書き込んであるノート。

これ、私が15歳の時に習っていた、
音楽理論のノートなんです。

理論の先生に、
「今は意味わからないかもしれないけど、
このノートは絶対に捨てずに取っておけ!
将来絶対役に立つ!」と言われ、

ずーっと取っておいて、
作曲を習っていた頃にはもう一度見直したりしていたわけですが、

シンガーソングライターの生徒さんに理論の説明をするために見せようと、
また久しぶりに開いたら、
かなり丁寧に書いてあってビックリ!!

あのころの私、よく頑張って書いてくれたな、
と感謝したくなりました。

そして、JAZZスタンダードをレッスンしている生徒さんと話す中で、このJAZZスタンダード集を久しぶりに引っ張り出して来ました。

ていうのが、

昔って1曲欲しい楽譜があった時に、
1曲だけダウンロード出来るシステムとか、今みたいに整ってなくて、
1冊買ってたんですよ。

しかもこれ、私当時のお小遣いというか、
バイト代で買ってたんですよね。

確か歌の仕事でやらないといけない曲の楽譜がなくて、わあ高いなあ…って思いながらも、

でもこの機会に歌ったことない曲のレパートリー増やしたいし、買おう!
って決めて買ったのを覚えてます。

同じパターンで私の家にはすごい数の楽譜集があります!

今はこれが仕事だから当たり前に買いますが、
思えばあの時、よくこんなにどんどん楽譜買ってたなあ〜偉いな〜と思います。

CDも今みたいに1曲だけダウンロードとか出来ないからアルバム買ったり、

でもそのアルバム全部が好きになったり。

きっと今の子達には、今の音楽との触れ合い方があって、それはそれで良いんだろうなあ、

でもアナログで不便な時も、
その時の良さはあったなあ、

と思ったり。

そして夜中にもう一度理論の教科書を読み直そうと心に誓う私でした!


マイタンブラーは、最近コーヒーショップで飲まずテイクアウトにすることが増えたので、
重宝してます!

抵抗力をつけつつ、
色んなことに気をつけて、過ごしたいですね!

では、皆さんこの週末はお家でのお勉強頑張りましょう!



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM